2009年07月12日

救命病棟24時 2009夏ドラマ 期待度ランキング第一位

週刊エンタテインメント情報誌『オリ★スタ』の調査で、2009年夏のドラマで最も期待度が高かったのは、フジテレビ系の『救命病棟24時』だったそうです。

救命病棟24時は

救命病棟24時は、7月7日スタート予定だったのですが、江口洋介さんのバイク事故による負傷で、撮影が延期され8月11日スタートに変更されました。

松嶋菜々子さんと江口洋介さんのダブル主演ですから期待度が高くて当然と言えますね。


夏ドラマ期待度ランキング1位は『救命病棟24時』


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000007-oric-ent
 週刊エンタテインメント情報誌『オリ★スタ』は7月20日号(10日発売)で、今年の夏ドラマ期待度ランキングを発表した。ドラマ放送前に読者2100 名を対象に実施したアンケート調査の結果、江口洋介と松嶋菜々子主演によるシリーズ4年ぶりの新作【救命病棟24時】(毎週火曜・フジテレビ系)が1位となった。

 【救命病棟24時】は、救命医療の現場で起きたさまざまな問題をベースに、医師と患者たちとの交流、家族愛などを人間性豊かに描く人気シリーズ。4年ぶり、4作目となる今シリーズは“救命救急の崩壊”がテーマ。人員不足による激務で救命医が次々に辞職するという非常事態のなかで奮闘する医師たちをリアルに描いてゆく。「毎回観ていてドキドキする面白さがある」(大阪府/20歳/女性)という声がもっとも多く、4年ぶりに新展開を迎える同作への期待が高い。

 2位は、『週刊少年ジャンプ』で33年にわたり連載を続ける人気コミックのドラマ化で「漫画のイメージを壊さず、どこまで忠実に描けるか期待」(大阪府 /28歳/男性)がかかる【こちら葛飾区亀有公園前派出所】(毎週土曜・TBS系)。主人公の両津勘吉は、原作者の秋本治氏が「役作り不要のソックリぶり!」と絶賛するSMAPの香取慎吾が熱演。下町風情が残る東京・葛飾区の亀有を舞台に、派出所の同僚や両津を取り巻く仲間たちがドタバタ喜劇を繰り広げてゆく。

 続く3位は、NEWSの山下智久と女優・北川景子の“明治大学卒業コンビ”が共演することでも話題の新“月9”ドラマ【ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜】(毎週月曜・フジテレビ系)。主演の山下は、昨年の『コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』(フジ系)でのクールな役どころから一転、プロバスケットチームに所属しながらもスランプに悩み、恋愛もいざという時に気弱になってしまう三枚目役に挑戦。これまで『クロサギ』(TBS系)や『プロポーズ大作戦』(フジ系)など、ヒット作に出演してきたことから「山Pのドラマはいつも面白いので今回も期待しています」(北海道/22歳/女性)の声が相次いだ。

夏ドラマ期待度ランキング TOP10


個人的には、第十位にランクインしている『官僚たちの夏』に期待しています。

[スポンサードリンク]

posted by 新番組調べ隊 at 04:21 | Comment(0) | フジテレビ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。